So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

今年の蝉 [北窓だより]

この夏、蝉が遅れているようだと、新聞が報じていた。
私もそれを感じていたのだった。

ああ、夏が来たなあ! と感じるのは、蒸し暑い長雨がある日急に明けて、真っ青な夏空になったような夕方、カナカナと細い声で鳴く、どこか哀しく寂しいヒグラシの声を聞いた時だ。
いつもは大体ここでは中旬である。鳴かないなあと思っていたら、台風6号が徳島に上陸した日の20日、各地に大雨を降らせていたがここは晴れたその夕方、ヒグラシが鳴いた。
しかしそれはどこか心許なげだった。その後、鳴かない。
今朝、入り口の戸の敷居に蝉がいた。ヒグラシで、まだ生きていたが、すぐ捕まえられるほどに元気がなかった。「どうして鳴かないの?」と言いながら手に乗せるとやっと飛び立っていった。
今日は一日晴れたのに鳴かない。気温もまだ猛暑まではいっていない。
もちろんまだミンミンも鳴かない。

地震や放射能のせいではなく、春先の低温の影響と新聞では言っていたが、これは先日の台峯の時も話題になった。蛍も例年よりも一週間遅れているという。
一般的に、なぜか昆虫の世界に異変が起きているという。今年からある昆虫がバタッといなくなった。25年見ているのに、また環境が変わったとは見えないのに…。森がしっかりしていれば大丈夫と普通言われているが、どうもそうではなく昆虫だけがということがある…と。
でも樹自体もあちこちで樹液が出なくなった、ということもある…とも。
そして自然に付き合えば付き合うだけ、観察を続ければ続けるだけ自然がよくわからなくなる、自然は一筋縄ではいかない、自然はいつも想定外の姿を見せるのだというのが、Kさんの意見でした。
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

eiko

バッタが異常繁殖してるよ どうすればいい?
by eiko (2011-07-23 19:56) 

kinu

バッタの好きな葉っぱを沢山作っているからじゃない?
ここでは紫蘇の葉に小さなのが来て食べていくので、追い払っているけど、それ程じゃない。バッタやイナゴの異常繁殖というのは、気になりますね。今日も蝉は鳴きませんでしたし…。
でも歩く会では昆虫を守ることは熱心でも退治することは教えてくれませんね。今度聞いてみましょう。
by kinu (2011-07-24 18:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。