So-net無料ブログ作成

台峯のモミジを愛でながら歩く [台峯を歩く]

快晴になった今朝は、一番の冷え込みとのことでここも外は4度でした。
年末なので参加者は12,3人ぐらいでしたが、歩くのにはちょうどいい人数です。
ここも来年になるといよいよ一般公開するための整備にかかるので、このままの姿の見納めになります。そのために今日は市の公園課の人が一人参加、Kさんからいろいろ説明を聞きながら一緒に歩いてくれました。これまでもKさんをはじめ理事の方々は市と話し合いを続けていたので、なるべく今の状態を残しつついい形で整備が行われるのではないかと期待しています。

さて今日はやはりモミジが眼玉です。もう終わったところもありますが、この辺はまだ十分残っていて今年は特に色合いがいいとのことです。イロハカエデ(最近ここでは増え始めている)などは、一本の木の葉が青、黄色、赤、それぞれに染まるグラデーションを見せ、コナラやクヌギの褐色もというより黄色がかった鮮やかさになったりして、例年になく美しく特にそれらが青空を背景に映えています。
赤い実のマユミやアオキなども例年になく実が多いそうです。それらを愛でながら見晴らしの良い「老人の畑」に近づくころ、カラスザンショウの大木に出会います。この木は人間にとっては厄介者で、役には立たないのに伸びるのが早いので一番先に切られてしまう、それでなくても斜面などでは頭でっかちになり倒れてしまう代物ですが、幸いそこは広い平坦地なので、のうのうと枝を伸ばし大木になってしまっているのです。
今、その木にたくさんの実がついています。名の通りサンショウに似ていますが、あまり匂いはしません。実はその黒い実が鳥の好物で、ここにたくさんの野鳥がやってくるのです。今日もお天気が良いせいかたくさんの小鳥たちの姿が見られました。メジロ、ルリビタキ、カシラダカ、エナガなどが飛び交っていました。人間には嫌われ者でも鳥たちには大きなご馳走のテーブル! なのです。
「老人の畑」から横須賀線線を挟む六国見山から円覚寺、東慶寺を望む紅(黄)葉の丘陵を眺めて休憩、その後谷に降りて、ハンノキのある湿地帯と池、せせらぎの音を聞きながら出口に向かいました。
この辺りが整備されるとそれほど高くはないものの堤防を造らざるを得なくなるようでした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。