So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

北海道(道北)に滞在してきました。 [北窓だより]

紋別郡の小さな村のコテージに毎年春から秋にかけて滞在しているTさんの誘いに乗り、一週間ほど北海道を味わってきました。
近くのホテルに素泊まりで宿をとり、ほとんどご夫妻の世話になりつつ、5年間の経験を活かした車による案内で、あちこちの温泉と道中の紅葉、有名な美瑛に劣らぬ草原・牧場風景など、また豊かな村の自然の恵みの新鮮さ美味しさをも存分に味わい楽しませてもらいました。地形的にもオホーツク海と日本海の両方を見ることさえ出来たのでした。

この小さな部落は、山脈の北はずれの起伏の多い山々に囲まれた山岳地帯、二つの川に挟まれた林業と農業で成り立っていた村です。最近は豊富な自然、温泉を活かした近代的なコミュニティー施設も完備し、「夢」と「小さくても輝くむら」をモットーにしているとのことで、Tさんの農園つきコテージや泊まったホテルもその一つであるようです。

北海道に行くのは初めての私。札幌も小樽も行ったことがなく、はじめての体験がこの村だというのは珍しいとTさんは言いながらも、それはいいことだ、なぜならこの地方にこそ、まだほんとうの北海道が残っていてそれが味わえる・・・とも。まことにそうだと思える毎日で、Tご夫妻のお蔭ながらまだ北海道の風景が心の中で揺れていて、夢見心地でいます。

書けば長くなりますから、簡単に二つだけ北海道の印象を書くことにします。
先ず誰も感じることでしょうが、雄大でたっぷりした自然の中に車が稀で、人も少ないということ。その例の一つ、飛行場に迎えに来てくれたTさんの車に乗って村までほぼ1時間の間に対向車は一台もなく、村近くになってやっと2台に会いました。人も少なく時たま歩いている人を見ると、どこに行くのだろうと不思議に思えるほど。むしろ動物や鳥に、牛や馬は牧場には当然ですが(晩秋ですから数は少ない)、やはり感動したのは、キタキツネに会ったこと。鹿にも会いましたが、熊には幸か不幸か会えませんでした。
次に紅葉が素晴らしかったこと。暖冬のせいらしくまだ紅葉は残っていて、というより盛りを継続していて、どこに行っても紅葉、紅葉の日々を送りました。その紅葉も京友禅のようなものとはまた違う、西欧風景画にあるような白樺やダケカンバなど高木で濃淡のある黄葉を主体とした森や林がとこまでも続くといった感じで、そのなかにもナナカマドやカエデの紅、常緑樹の緑、まだ緑色をした牧草地が得もいわれぬ彩を奏でている所などもあり、大げさかもしれませんが一生涯の紅葉を見た感じになりました。それはやはり北海道の広さ故であり、そのなかを車で移動し続けたからかもしれません。

温泉も石油の匂いのする、しかしアトピーなどには効き目があるという最北端にある昔からの鄙びた温泉、またお砂糖を持っていって入れて飲むとサイダーになるというほどの胃腸に良い炭酸の強い温泉、近代的設備の整っている一日楽しめる温泉など連れて行ってもらいましたが、この辺はいたるところに温泉があり、この辺に住む豊かさを感じ羨ましく思います。

なおこの地に古きよき北海道が残っているというのも、一つには道内でも過疎地であることを示しているのでしょうか。廃屋もあちこちにあります。
宗谷本線と平行して走っていた天北線が1989年に廃線となり、その駅の跡、歴史資料館なども幾つか残されていましたが、それを見ながら、また古い建物を案内されながら(T夫妻は古いものがお好きなのです)北海道の成り立ちや歴史についてもあらためて考えさせられました。

T夫妻と私は長年の知人でも友人でもありません。ただお二人はどちらも私の相棒であったKの友人で、特にT氏は同僚の先輩として敬愛の気持をずっと持っていてくださり、二人は互いに性格が対照的な面もあって良いコンビとして公私ともに親しくしていたその気持の表現として、死後17年も経った今日のこの接待でもあったわけで、滞在ちゅう常に中心にあったのはその亡くなったKの存在でした。
例年ならばもう末枯れているはずの紅葉が盛りを保ってくれたのも、また滞在中は晴れ続きで予報で雨だといった日も晴れ上がり、発つ日に初めて雨になった幸運ももしかしたら亡き人の采配かもしれないと思いつつ、T夫妻への感謝の気持を抱きながら機中の人となったのでした。

野外劇場 高校生の演劇 『山姥』 [北窓だより]

近くの高校から、近隣の住民へこの招待状のチラシが届いた。
ここでも先にこの高校の花火のことを書いたが、演劇活動も活発なようで、本格的なカラーのチラシや紹介された朝日新聞の記事のコピーなども入っていて、面白そうなので出かけてみた。

穏やかな秋の宵、爽やかだがいかにも冷え込みそうな中、高校裏庭の木立をバックにした野外ステージがあった。背景は重なる白い山々と左手の夜空にかかる大きなオレンジ色の蜘蛛の巣。蜘蛛の化身であるという山姥が、人間の子どもを生みたいと思うことから始まる、民話を基にした物語である。

蜘蛛の巣は100メートルのロープを編んで作ったというが、このように大道具から小道具、音響、照明、衣装、メイク、宣伝まで全て生徒の手になるもの、部員は31名とのことで溌剌とした表現力に楽しませられた。
主演の山姥の世界は山神はじめ狐や鼬や蛙等の妖怪たちの奇抜で華やかな衣装、一方人間界の村人たちの質素な衣装もそれぞれ面白くまたふさわしく、雪や洪水、土砂崩れ、炎なども大布を使った場面展開も巧みで、テーマとなる歌から祭りの大太鼓、梟などの声までそろっていて、それぞれの部門で皆頑張っていることが感じられる。
テーマは、山の掟と村の掟、山姥が産んだ子どもを村人に託すことから両者の関係が生じ、そこに生まれる親子愛である。その子が成長し絆が破局へと進んでいく経緯を、狂言回しとしての狐が物語って行くが、山姥をはじめ皆熱演で、中でも大勢で踊る群舞には勢いがあり、いかにも若者のエネルギーが感じさせられる場面であった。

ここまでに至るのはやはり積み重ねがあったようで、熱心な顧問の先生が赴任してきた9年前から活発になったようで、今回は先日の横浜のフェスティバルでは、大人の劇団にまじっての公演も経験してきたとのことである。一時間半の熱演。帰りは入口に部員が全員並んで、まぶしいほどの照明の中、花道を行くように観客は「有難うございました」の声に見送られる。
目潰しの光のトンネルを抜けると、「若い人は、元気が良くて羨ましいね」と年配のご夫婦の声が聞こえてきた。「この次は、何か持ってきてあげましょうか」と奥さん。
私も元気をもらったような気持ちになりながら、冷え込んできた夜道を家路についた。中天にはくっきりと半月が眺められた。

民芸公演『白バラの祈り』を観る [北窓だより]

映画にもなっているのでご存知の方も多いでしょうが、第二次大戦末期ナチの狂気が吹き荒れる中、「人間の尊厳と自由」を求めて立ち上がろうと呼びかける、アジびらを撒いたミュンヘン大学の学生5人が、斬首刑に処せられた事実を基にした劇である。
眼の悪い大学の用務員による密告から始まり(その功績で勲章を受ける)、ただ状況証拠だけで次第に罪状がでっち上げていく(というより追い詰めていく)様が、骨組みだけで作られた舞台の暗転によるスピーディな展開と背後一面に翻る逆卍のナチの旗とあいまって、その恐ろしさが迫ってくる。

この裁判(民事という建前をとりながら短期間秘密裏になされる)は、ベルリンの壁が壊されてから初めて詳しく全貌が明らかになったそうである。
「白バラ」というグループ名は、ビラの署名だが、ただ一人兄とともに行動した少女ゾフィーが次第にグループを象徴するような輝きを持ち始めていく。
純粋で清楚な美しさも、その輝きは短命だという白バラ、それは青春期の輝きとはかなさをも象徴しいているような・・・・。

5人の学生たちは特別優秀でもまた確たる政治的信念を持つ者でもなく、真面目で健全な普通の学生、特にゾフィーは帰京の際は洗濯物を鞄一杯持って帰るような、ダンスが好きでボーイフレンドが気になる明るいフツーの女の子、彼らが1943年の2月、たった5日間で弾圧の槍玉に上がるのである。はじめはこの地のゲシュタボによって、青春期特有の学生の跳ね上がり者の一部に過ぎないと、穏やかな形で処理しようとするのだが、ベルリンんから派遣されたナチのサイボーグのような目付け役の突き上げによって、まさに国家反逆罪へと組み立てられていく。

当局は、それが組織的なものであることを何とか探ろうとするが皆無である。証拠は眼の悪い目撃者一人、それでも捜索によってコピー機を発見。匂いを嗅ぎつけたマスコミをオミットして秘密裏に事を運ぶ手はずは整っている。
ビラを撒いた事は正しいと彼らは言い、自分の意思でやったという。「私たちが書いたことは多くの人が考えていることです。ただ、それを口にすることをはばかっているだけです」、「それを誰かが言わなければならない。誰かが始めなければならない。それをしただけだ」と。
実際、そのビラで決起は起こらなかった。しかし、大学に訪れたナチスの指導者が「次世代を担う健康な兵士を生み育てることが女の務めだ」と演説した時反発を買い、それをきっかけに会場は騒然としたものの、そしてそのことを「白バラ」は喜んだが、たちまち軍隊が投入され鎮圧される。大勢の怪我人が出る中で、周りの住宅は彼らを助けることなくピタリとシャッターを下ろしたままだった。そんな状況であっても彼らは命乞いの署名はしなかった。なぜなら、ビラの文句のような理由からである。

「自由と尊厳! いまドイツの若者が立ち上がらねば、ドイツの名は未来永劫汚される! 1942年夏 ミュンヘン」

汚れのない若々しい彼らと対比する取調べをする尋問官は、まだ人間味の残った男でゾフィーと同年代の娘があることから、せめて彼女だけでも命を助けたいと説得に力を尽くす。世の中の裏表を知り尽くし辛苦を味わいつくし、自分と家族だけでも何とか守りたいと生き延びてきた大人との、調書をとるという対話による真剣勝負が、劇の見所となっている。時には強圧的に、又法や自己の正当性を主張する尋問官は次第に本音を語るようになり、この揺れ動く心情があるため両者の姿をくっきりさせる。最後には、この戦争は終わりに近いことまで、そっとゾフィーに語るまでに至り生き延びるように説得する。

最初は軽く考えていたようなゾフィーが、この取調べの過程で次第に確固とした自分の信念を持つに至り輝きを帯びるようになるのは、ただ文字で読むのとちがい人間の肉体で演じられるからではないだろうか。実際の調書を読んでいないので、このように理路整然と言ったかどうかは分らないにしても次のような趣旨で、彼女は最後には懸命の審査官の努力にもかかわらず、兄たちと同じく死を選ぶのである。

「一番恐ろしいのは、何とか生き延びようと流れに身を任せている何百万という人たちです。唯そっとしておいて欲しい、何か大きなものに自分たちの小さな幸せを壊されたくない、そう願って身を縮めて生きている、一見正直な人たちです。自分の影におびえ、自分の持っている力を発揮しようとしない人たち。波風を立て、敵を作ることを恐れている人達」。
そういう人間にはなりませんという決意である。
自分自身を振り返っても、彼女の台詞に身が引き締まる思いがした。

そして最後にどんなに生きていることが素晴らしいかを語る。朝の光が、そこで囀っている鳥の声がどんなに美しいか、しみじみと味わいながら刑につくという幕切れに(もちろん他の男子学生も同じような心境で)なっている。
60年安保の学生運動の空気を知っている私は、この劇に胸が震えるのを感じた。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。