So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

春の台峯歩き [台峯を歩く]

昨日の日曜日、前回は休んだ台峯歩きに参加してきました。
参加者は15、6人の少人数、初めての人はいませんでしたから、のんびりユックリと、まさに道草を食いながら歩きました。
なぜならいま芽生え、芽吹きの時で、何でもない道端でもたくさんの草の命が蕾や花をつけていて、それらを丹念に観察しているだけで何時間もたってしまうのだということを、実感させられました。
でもそれはやはり彼らのことをよく知っていなければ分らない事です。何事も深く知れば知るほど奥は深く、謎は深くなるということ、微細なものにも宇宙に匹敵するような世界があり、同様な調和があるということ、(少々大げさかもしれませんが)そんな事を感じた半日でした。そしてそれが分るのは、それらを深く知っている人の案内だからだと言うことも、身にしみました。
歩き出して間もなく第一の田んぼです。
まだ田植え前なので雑草に覆われていましたが、蛙が盛んに鳴いています。その蛙も先ず赤蛙が出現し、次にシュレーゲル蛙、次に雨蛙が出て来るのだそうです(蛙暦といわれるものもあるそう)。この後、谷戸に下ってから湿地帯に入って行き、ちょっと中に踏み込んでおたまじゃくしを見せてもらいました。小さな水溜りに彼らはひしめき合っていましたが、そのなかの一体何匹が蛙になることが出来るでしょう。また繁殖が出来るのは3年ぐらい経たねばということですが、それまで生き延びられるのは何匹でしょう。
さて雑草と一概に言ってしまいましたが、いえいえ、この雑草の世界こそ環境を敏感に感じ、多種多様で面白いものの宝庫のよう。
そこにはキツネのボタンといわれる、菊のような小さな黄色い花が咲いていましたが、それと良く似たタガラシとどう違うのか。また畦にはハルシオンが蕾をつけていましたが、その蕾のつけ方の特徴、そして良く似たヒメジオンはまだで、その違いはどこにあるのか(これは前に書いた)。「はこべらは敷くに由なし」(『千曲川旅情のうた』)と藤村がうたったハコベも、実は3種類あっていわゆるハコベ、そのほかコハコベ、ウシハコベがあり、それはどう違うか、実物を手にとって説明してくれたのですが、米粒ほどの花の中の構造がまさに違うわけで、そんなことを観察(といっても教えられながら)しながらですと全く日が暮れてしまうほど、世界は驚異に満ちていると感じさせられるというわけです。ノゲシとそれに花が似ているオニタビラコはどう違うか、これを実物を眺めると良く分ります。しかしこれら知識は付け焼き刃なので、直ぐ忘れてしまいます。
そのほか白い小さな花をつけた、葉っぱをこするとキュウリの匂いのするキュウリグサ、白い花のノミノフスマ(蚤の衾)、カラスノエンドウは知っていますが、カキドウシ(垣通し)、ツルカノコ(蔓鹿の子)、前回書いた「仏の座」を圧迫している「姫踊子草」(外来種)、「藪人参」、浦島草の花もありました(これはわが家でも今年は出現しました)。そのほかいろいろ、今回は地面の草の方を主として眺めながら歩いたのです。
「老人の畑」と呼ばれている一番見晴らしの良いところでは、ススキの種を植えました。
荒地に生えるというこのススキが今少なくなっているとのことです。それでここのある部分をススキ原にしようというわけです。

今回の憂慮すべき事柄、前にもいいましたが、鳥たちの渡りのルートである緑地が大きく宅地開発により切り払われ、断たれた箇所がいっそうはっきりとその姿の無残さを露わにしていましたが、帰り道を辿っていたときに、大きなゴムボートを抱え、何本も釣竿をもった青年とすれ違いました。私たちはびっくりして、ここでは釣りは出来ない事になってますよ、と声をかけましたが、無視をしてずんずん中に入り込んでいきました。何人かが大きな声を出して咎めたのですが、それ以上のことは出来ません。出口には何台かの車が止まっていて、どれだろうと覗いてみたのですが、それ以外は出来ません、皆横浜ナンバーのようでした。
ここはガイドブックにも紹介されるようになりだんだん名が知られるようになって来ました。悲しいことですが、心無い人の進入を防ぐのは難しくなります。あの青年はこんな湿地帯と沼地でしかない地味な場所で一体何をしようというのでしょう。
 

ホイアン[会安]の印象 [北窓だより]

      会安 [ホイアン]

南北弓なりに細長くのびた国土の
片側すべてが海に面しているベトナム
二期作 三期作の 青く広々とした田んぼで
水牛を曳く菅笠姿の村人たちの面ざしは
どこか古い日本の風景を思い出させる

朱印船のころ日本人町があった
古い港町 ホイアン
東南アジアでさかんに交易していた日本商人の
各地で造った日本人町は すべて破壊されたが
ここだけは 痕跡が残された

日本人の手になるという屋根のついた日本橋
後に改修されて来遠橋と名づけられたが
たずさわった日本人名はちゃんと刻まれていて
「来遠」の由来は「朋あり遠方より来る
また楽しからずや」の『論語』からきたもの

ホイアン[会安] という地名の響きは
やさしく やわらかで
勝手に語釈すれば 訪れた人を
ゆったりと受け入れ 安心させてくれる
この町のふところの深さを
なんと うまく表したものではないか

今ここは 世界遺産となり
たくさんの人々が集りつどい
古い時間を巡りながら
セピア色の土ぼこりを巻きあげている

日本人の墓も守られているが
大戦中に日本軍が中国人を殺戮した
記念碑もまたあって
ゆっくりと 時は流れていく        

民藝公演『浅草物語』 [北窓だより]

このあたり桜はもう満開、花吹雪である。隅田堤、すなわち墨堤も今日明日と花見の人で賑わうことだろう。こういう花見の習慣は江戸期からのようだ。

先日、『浅草物語』(小旗欣治作)を見てきた。これは小旗さんの実家(綿屋)をモデルに昭和の東京下町浅草界隈の庶民の生活の哀歓を描いた物語である。戦争に突入していくまでの平穏でつつましく小さな陽だまりのような平和な暮らし、これらは東京大空襲によって壊滅させられてしまう。懐かしのメロディーといってしまえばそれまでだが、戦争への危機は今なお続いており、世の中の急速な発展に振り回され油断すれば弾き飛ばされてしまいそうで心休まらない昨今、昭和という時代、特に大戦以前が一種の郷愁のように思い返されるのかもしれない。
還暦を過ぎた隠居の身のおじいちゃん(大滝秀治)が結婚したいと言い出す騒ぎを中心に、その綿屋の堅実な家族(夫を失い懸命に子を育て店を切り盛りしてきた妻を、日色ともゑ)、浅草十二階下カフェーのママ(奈良岡朋子)などといった配役で、赤紙が来たという赤子の時に手放してしまった息子との対面(?)という多少のドラマと泣かせどころを含みながら、当時の暮らしが舞台に再現される。吉原も隣接し、カフェのママの前歴もまたおじいちゃんが結婚すると言い出した相手も花魁上がりである。

浅草は当時大衆芸能の発祥の地であったが、文学においても下町界隈は、そういう面を持っていた。山の手文学があるように下町の文学がある。芥川龍之介をはじめとして隅田川、すなわち大川のあたりは当時の文学者をひきつけるものがあって、生地ではないが永井荷風がこの辺をうろついた事は言うまでもなく、多くが魅せられている。太宰もこの地で女義太夫に熱を上げたとかどうととか。いかにも西洋風でモダンな立原道造は本所生まれの箱物屋の息子、この伝統はやはり壊滅させられたはずの今日にまで続いていて、最近では吉岡実、会田綱雄、辻征夫などもそうである。
江戸期からの文化が淀んだ土地、そういう成熟というか腐敗に近いところからそれらを堆肥として文学の芽が育つところもある。パリがそうであるように。

私は地方出身なので、それらからは遠い。しかし東京に出てきて、最初に勤めたのがこの界隈だったので、少しだけその香りをかいだ。その頃はまだ東京はただ西に伸びりことに懸命であった時期、何の整備もなされていないようで、汚く侘しげな場末の感がした。まだ都電が走っていた頃で、本郷三丁目辺りから延々と路面電車に乗って、上野や浅草、吾妻橋を渡り、寺島まで通ったのである。今また江戸の文化それに伴って下町の文化も若者たちに見直されいるようだが、西洋などの下町と違って何かしら侘しくはかない気がするのは、私の心の在り様ゆゑだろうか。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。