So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

台峯歩きと蛍の宴 2 [台峯を歩く]

蛍の宴。
いつものように6時半集合。いったん家に帰り、また夕方出かけていく。出かける少し前に雨がザーと降ったけれど、すぐ止んでそのまま解散時まで曇り空であった。
今回は参加者が多く、子ども2人を入れて25人。入山(?)の準備(蚊よけや長靴に履き替え)をしたり、Kさんから注意を聞いたりしながら暗くなるのを待って7時から歩き出す。
入る前に「入らせてもらいます」と必ず手を合わせて拝むのが仕来りである。人数もちゃんと確かめておく。一人足りなかったり、増えたりしたら恐いからである。ここは市内でも恐い谷戸であるという。「気を引き締めて、十分注意して歩いてください」とKさん。「甘く見て油断しないでください」とも。実際ここでは死者も出ていて、また怪談話もあるという。
怪談1、真昼間である。ある人が歩いていたら、後から肩をポンと叩かれ「よお」と声を掛けられたので振り向いてみると、後には誰もいなかったそうである。確かに肩に手ごたえを感じ、声も聞こえたのだという。
怪談2、これはKさん自身の経験である。いつものことであるが、一人でこの谷戸を歩いていたら、向こうからグループらしい人たちの話し声が聞こえてきて、だんだん近づいてくるようだった。しかしどこまで行ってもそんなグループは見当たらなかったという。

しかしこういう谷戸であるから蛍も出る。ホタルにとって快適な生息地は、水は綺麗でなければならないが、一見してじめじめして汚らしい、陰気な場所である。コケの生えた枯れ木や倒木が川の中に浮かんでいたり、枯葉が溜まっていたりする水辺である。それを公園のように快適に小奇麗に、人間の眼に美しく整備してしまってはダメなのである。そういう陰の場所も残しておかねばならないので、Kさんたちはここが残され市に移管されたと言っても目を光らせているのである。(それで明日は、今度担当が替わった市の職員の人たちを案内してのホタル観察を行うとのこと)

さて、私たちはKさんを先頭にして一列になって谷戸に入っていった。ホトトギスが鳴いている。「なるべく懐中電灯は使わないで」と言われる。「だんだん眼が暗さに慣れてきますから」夏草は道を覆うくらい伸びている。また所々測量跡の杭が飛び出ているし、太い木の根も浮き出している。中に行くほどどろどろ、ぐちゃぐちゃの道になる。先頭からそれらを伝える指示を後に伝えながら前の人に遅れないようにして歩いていく。だんだん「トラの眼になります」と。
私たちは明るさに慣れていて、全くの暗闇などほとんど経験しない。それに慣れる体験も時にはいいことだと。それに慣れるとだんだん暗くても物が見えてくるものです。そうすると夜行性のトラの眼のようになるのだと。

この時間、空を見るとコウモリが餌を求めてやってくるのが見えますといわれ、立ちどまって空を見上げていると、確かにヒラヒラと黒い蝶のような影が空を横切っていく。
これらのコウモリは、だいたい大船駅前の商店街に住んでいて(中華屋の軒、換気扇の中など)、夕方になるとここに餌を求めてくるというのだ。初めて知りました。

谷戸の突き当りまでとにかく進んで7時半ごろ、そこからゆっくりとUターンしながらホタルの出現を待つのです。誰が一番先に声を上げるか・・・。ちょうど、一番星見いーつけた!という感じです。そしてその一つの光が見えてくると次々にホタルたちはあちこちに光りだします。舞い上がり、ふわふわと飛び立ち移動しながら、こちらにやってくるものもいます。少しずつ移動しながら高い木々の間を、また湿地帯と潅木の間などのホタルの雄たちの乱舞を声を上げながら眺めやります。この時期、そしてこのあたりはは皆源氏ボタルです。この間ほぼ3~40分。まさに宴です。
足元の草むらに、地面に近いところにも光るものが見られました。それは多分、これから出る平家ホタルのサナギでしょう、とのこと。その光るものを手にとって見ると確かにサナギのようです。これでは踏まれてしまうと避難させます。
平家はまだ時期が早いのですが、下流の池の方に見られるかもしれないと移動しましたがまだのようでした。今年は全体的に遅れているようで、平家は7月に入ってからだとのこと。もう一回観察会をやりましょうと。

実は今年は少し少なかったのです。ちゃんとホタルは飛び満足はしましたが、やはり昨年と比べて少ない感じでした。何日か前に様子を見に行ったMさんの話ではその時は今日の倍ぐらいはいたとのこと。今日は50頭(ホタルはこう数える)ぐらいだそうです。本当なら200ぐらいはいるはずなのです。理由は前前日から降り続いた雨のせい。これで死んだものも多くまた、今日は少し風もあったせい。タイミングも難しいようですが、でもこの季節この時間、毎年ちゃんとホタルが舞うという自然の営みの不思議、律儀さを思わずにはいられません。そして今年もそれが見られたことに感謝しながら、皆無事であることを確かめ合ったあと9時近く解散となりました。
nice!(0)  コメント(0) 

台峯歩きと蛍の宴 1 [台峯を歩く]

やっと梅雨に入り雨の日が続きます。災害も起こり、うっとうしい雨空は気を滅入らせ暮らしにも気を使わせられますが、年々激しくなる真夏の日射を遮ってくれるということで助けられる気もします。それにやはり独特の文化も、これら雨の影響も大きいと思います。
さて昨日の台峯歩きの日は、幸いに朝夕ちょっと小雨があったものの曇り空で、歩くには良いお天気になりました。またそろそろ蛍の時期だと思っていましたら、同じ日の夕方が観察会とのことで、その両方に参加してきました。

台峯歩き。
今回は新しい人もかなりいて22~3人くらいになりました。
夕方から蛍の観察会があるので、今日のカラープリントは主として蛍についてです。
市内では最近、川が綺麗になりつつあることから、至るところで見られるようになったということ。山沿いの川には源氏ボタル、田んぼや湿地の周辺には平家ボタルが見られるのですが、谷戸ではその両方が見られるのです。だからここでも両方が見られます。その違いは、時期として源氏の方が早く、平家はその後(これは歴史の物語としては反対だなあ)、大きいのは源氏で、そのためか光り方も強くゆっくり光る。平家は姿も小さく、光も小さいが早く点滅する。
その他蛍の一生やその生息場所、保護をする際の注意や問題点。また観察する際の注意など、その他の種類のホタルなど細かで分かりやすい数々がかかれています。
最近ホタルを飼ったり見たりする事がはやり、又それは簡単ですが、大切な事は人間が自分の都合で自然な生息地をいじることが一番良くないということのようです。
ですからホタルを持ち帰ることはもちろんいけないが、そこに他所のホタルを放ってはいけない。また餌になるカワニナなどの貝類を他所から持ち込まないことです。
最近、コモチカワツボというカワニナとよく似た貝が市内でも広がっているという。(ホタルの餌としてカワニナの代用になるので、ホタルの養殖との関係が指摘されているという)。
しかもホタルは、先ず水際のコケに産卵するので、そういう自然環境が必要です。それがサナギになるのは、土手が必要です。サナギが孵化して幼虫になり、それが水に降りてきて川や湿地で貝を食べて育つ。そして水から出てきて成虫になり、交尾する相手を探すために光りながら飛びます。寿命は3~4日から1週間。その間何も食べないで、ひたすらメスを求めてオスは飛び回るのです。その必死の営みを私たちは、ああ綺麗だと鑑賞するわけです。(メスも光ってオスへの信号は出すそうですが、草むらや葉の陰にいるので私たちの眼には見えないらしい)

前置きが長くなったが、この梅雨の時期、白い小さな花が目立ちマテバシイの花の強い匂いに促されて歩き始めます。この古木のある駅前の円覚寺の取り残された石垣は鎌倉石で、この凝灰岩は水を含みやすくもろいので、地衣類コケ類、小さな植物たちの覆われやすく、そのため古都らしい落ち着いた風情をもたらすことになります。その石を使った、コース途中の家ではイワタバコが咲いているのが見られました。
第一の田んぼでは、青々とした若い稲が気持ちよく広がっていました。その畦道にカルガモが二羽、カップルでしょうか坐っていて、ときどきに田んぼの水のなかに入ったりしています。ここでは他にシオカラトンボ、それから珍しく人間が3人(男1、女2)、菅笠をビニールで被ってかぶり、苗代で苗を束ねる作業をしてました。
また第二の田んぼもまだ健在。

その後、谷戸に入り、今夕辿るであろうホタル観察会のコースの逆を歩いたのですが、二三日前に雨が続いたので足元は悪くどろどろべチャべチャの所も多く、長靴でなければダメだということが確かめられました。
しぼり水が少しばかり淀んだ水たまりでは、ホタルの餌になるカワニナも確かに確認でき、淡水にしかいないマシジミやホトケドジョウの稚魚なども泳いでいることを教えられましたが、その時Kさんが悲鳴に似た声を上げました。そこにいるはずもないカワニナに似た貝を幾つか発見したからです。先に述べた外来種コモチカワツボではないが、それに似ているモノアラガイではないだろうかと。
Kさんは、小さな変化も見逃しません。では出発ということで手にとって回されていたマシジミも本のところに帰して、と水中に放り込んだのですが、そこが流れの真ん中であることを知って理事であるMさんだったのに叱られてしまいました。貝は浅瀬の土砂の中に棲むのに、ふかい水のなかに放り込まれたら可哀そうではないかと。貝に足があるわけではなく、その浅瀬に帰っていく為にどれだけ苦労をしなければならないか・・・と。何年も通っているMさんが・・・と。Kさんはいつもは優しいのに、ここの動植物のことになると絶対的に厳しいのだから・・・とMさんが頭をかきます。
それほどまでに、この谷戸の生きものたちを偏愛しているKさんです。
長くなりましたので、今日はここまで。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。