So-net無料ブログ作成

今年の蝉 [北窓だより]

この夏、蝉が遅れているようだと、新聞が報じていた。
私もそれを感じていたのだった。

ああ、夏が来たなあ! と感じるのは、蒸し暑い長雨がある日急に明けて、真っ青な夏空になったような夕方、カナカナと細い声で鳴く、どこか哀しく寂しいヒグラシの声を聞いた時だ。
いつもは大体ここでは中旬である。鳴かないなあと思っていたら、台風6号が徳島に上陸した日の20日、各地に大雨を降らせていたがここは晴れたその夕方、ヒグラシが鳴いた。
しかしそれはどこか心許なげだった。その後、鳴かない。
今朝、入り口の戸の敷居に蝉がいた。ヒグラシで、まだ生きていたが、すぐ捕まえられるほどに元気がなかった。「どうして鳴かないの?」と言いながら手に乗せるとやっと飛び立っていった。
今日は一日晴れたのに鳴かない。気温もまだ猛暑まではいっていない。
もちろんまだミンミンも鳴かない。

地震や放射能のせいではなく、春先の低温の影響と新聞では言っていたが、これは先日の台峯の時も話題になった。蛍も例年よりも一週間遅れているという。
一般的に、なぜか昆虫の世界に異変が起きているという。今年からある昆虫がバタッといなくなった。25年見ているのに、また環境が変わったとは見えないのに…。森がしっかりしていれば大丈夫と普通言われているが、どうもそうではなく昆虫だけがということがある…と。
でも樹自体もあちこちで樹液が出なくなった、ということもある…とも。
そして自然に付き合えば付き合うだけ、観察を続ければ続けるだけ自然がよくわからなくなる、自然は一筋縄ではいかない、自然はいつも想定外の姿を見せるのだというのが、Kさんの意見でした。
nice!(0)  コメント(2) 

猛暑の台峯歩き [台峯を歩く]

なでしこジャパンがワールドカップで優勝!
日本女子の素晴らしさに、サッカーをあまり見ない私でもやはり興奮した。
この場面だけしか知らない私だが、そこに至るまでの並々ならぬ過程、精進があることを知らされ、感嘆する。
底力というのは、文字通り深い底がなければ成り立たないのだなあ…。
日本の底力も試されるときに違いない。

それらに刺激されたわけでもないけれど、猛暑のピークと言われた昨日、台峯歩きに参加した。空は雲一つない快晴。
台峯というけれど、峯歩きというよりそれに囲まれた谷戸歩きなので、山間の日陰が多く、集合場所までの往復(舗装道路)が暑いだけで、室内にいるよりはよほど涼しいのです。
参加者も馴染みの人ばかりの小人数なので、のんびりゆっくりと熱中症にならないように歩きました。
2か所の田圃も健在、そこで青田を渡る風やシオカラトンボたちを眺め、また通称老人の畑という見晴らしの良い高台では、林間の丸太の切り株に腰を下ろし、快い風を感じながらいつまでもそこに留まりたい気持ち、ここで午睡をしていたい感じで小休憩し、それから谷戸に入って絞り水の流れや湿地や沼、半夏生の(今年は遅れていて、この時期でもまだ半分白い葉っぱと華穂が見られました)群落などを眺めながら歩きました。
今回は特にチョウに着目して歩くということで、資料のカラーコピーには特にアゲハの絵が沢山。
この辺りは6,7種類い覚えておけばいいそうですが、何しろ相手は飛んでいるので、動体視力のない私は指摘されそれを追いかけるだけでも大変!
去年は沢山咲いていた合歓の花は、今年は少なく、またカラスザンショウの花もまだ蕾。一体に季節としては遅れているようです。

けれどもここにも今の日本が抱えている憂いごとと同様、ここ自身の憂いがあり、今恵みとして感じている田圃もまた老人の畑で見ている景観も、今後大きく変わるかもしれない、その気配が着々と伝わって来ていることを聞かされました。
ここに通いつめ、手入れをし、観察を続け、役所とも交渉し、この自然を守ろうとしている人たちでさえ、無力を感じさせている現状というものを知らされます。
そんな悲しい日が来るにしても、今のこの姿を見ることができるだけでも恵まれていると感謝しつつ、こうやって歩くしかない…と。

これら憂いはどうやったら晴れるでしょう。
nice!(0)  コメント(1) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。