So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

遅れている春の野を歩く(台峯) [台峯を歩く]

先日の日曜日は台峯歩き。春は名のみの寒さ…の日が多く、花も10日から3週間も遅れているそうです。
我が家の周りも、やっと梅が咲くそろっていく感じでしかし寒いのでなかなか散らず、ながく鑑賞できます。本場の河津桜は満開だそうですが、ここはやっと咲き始めたくらいです。

さて台峯ですが、参加者は14、5人でちょうどいい人数、この時期、野の花自体少なく、それでも豆粒ほどの小さな花たちが咲いていますから、ゆっくり観察しながら歩くわけです。野の花も当然遅れており、野鳥も少ないそうです。それでもウグイスはちゃんと鳴いてくれているしその姿も見せてくたのは頼もしい限りです。アオジも見られました。
この月に一番目につく、小さいながら紅色の美しい花ウグイスカグラも、蕾のままが多く、キブシも遅れています。庭では勢いが良すぎて嫌われ者になるアオキは、雄蕊と雌蘂がもう膨らんでいました。
ここでも植物や鳥たちの名はおおくカナ書きにして、というのも今は皆それが標準ですが、漢字にするとその名付けの訳やその植物の姿までが彷彿とすることが多く、とても面白いということは誰もが感じていると思いますが、今日観察できた花たちの一部をその漢字で書いておくことにします。
ウグイスカグラ(鶯神楽)ホトケノザ(仏の座)、タチツボスミレ(立壺菫)、ツルカノコソウ(蔓鹿の子草)、ヒメウズ(姫烏頭)、ヒサカキ(姫榊)―黄色の小さい粒状だが香りがいい。ヤマネコノメソウ(山猫の目草)―山猫ではなく、山の猫の目の意味という。よく知られたオオイヌノフグリは書くまでもないでしょう。しかしなぜ「オオ」(大)なのかというと分からないそうです。「コ」(小)はないそうです。

蛙のために湿地の中にこしらえていた池に、ちゃんと卵がうみつけられているのを発見し、皆で喜び合います。蛙たちは時期を少しずつずらしながら次々に生んでいくそうで、今は蝦蟇の卵。また、その卵(透明なホースのようなのが少し濁った水たまりにあるのを教えられ、そのような長い卵の紐を初めて見た)が流れのある渓流にあったのを(流されてしまうかも知れないので)湿地の池へと理事さんたちが引越しさせたのは見ものでした。そんな風に地味な草花たちですが、今日も面白く歩き終えました。

nice!(0)  コメント(0) 

ウグイスが鳴き始めました(震災1年目) [北窓だより]

2、3日前から、今年初めてウグイスの声を聞く。
沈みがちだった心がやはり弾む感じになる。まだ拙いのも可愛らしく、励ましてやりたくなる。

今日で東日本大震災から一年がたちます。昨日、「原発最前線の町で生きる」南相馬市の日常を一年間、住民の生の言葉だけを拾って淡々と綴ったNHKのTV番組を見ました。ほとんど解説をせず、放射能に汚染された地域での、日々の生活とそこで洩らす人の短い言葉、その背景にモリアオガエルの産卵から桜の開花、鮭の遡上など四季の風景を映し出しながらのドキュメンタリーは、ただ息をのみ見つめるしかありませんでした。

今日は時々陽が漏れてくるものの一面に雲が広がっていて、被災地は雪のところもある様子、あの日、この辺りは朝は冷え込んだものの日中は良く晴れていたのでした。とても穏やかなので、私は急に思い立って海辺に立つ美術館に出かけたのです。見終ったのち、館の外に出ると海を眺めながらサンドイッチを食べ、そして帰途についたのですが、帰り着いて間もなく、大きな揺れを感じたのでした……。
このような帰宅難民にもならなかった幸運な私でしたが、それでもその後いろいろと考えさせられ、反省させられ、学ばされる日々を過ごしました。この国の人たちのほとんどが同じだったろうと思います。
TV番組での放射能地区の人たちの短い言葉は、皆胸を刺してくるものでしたが、アナウンサーに「士農工商」という言葉を知っているかといい、今はその逆だなと泣きそうになる顔を歪めながら絞り出すように吐き出す言葉、「東電は世の中を動かせるが、俺たちにはそれができない」今の世の中なんだ…、というのもその一つでした。
確かに「商」という企業という経済力・資本、お金、損得が世の中を動かすわけで、農・工、漁のように生活の糧をもたらすものはその下にある時代。この言葉が作られた江戸は平和な時代でしたから、「士」は武力ではなく、為政者やいわゆる知識人を指すといってよく、そうすると…という思いもしたのでした。
しかしまた、為政者の混乱の中でも立ち上がるこの国の民の力の強さをも感じながら、第二の敗戦のようなこの国は、「過ちは繰り返さない」という風に変わることができるだろうか、という思いも、自分をも含めて考えたりもしたのだった。
しかし四季はその循環を変わらず続けていきます。早咲きの河津桜が、やっと満開になったと報じられましたが、この辺りに最近植えられた河津桜の並木は、蕾は膨らんでいますがまだ咲きません(1,2輪程度)。
それでも春は、確実にやってくるようです。まだ日々余震も続いていますけれど。
大震災一年目に当たり、被災された方々、犠牲者に、黙祷を捧げつつ…。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。