So-net無料ブログ作成

春の台峯歩き [台峯を歩く]

明日から崩れるということだが、彼岸の入りの今日はいいお天気である。台峯歩きに出かけた。
春のせいか参加者が多く30人近く、新しい人も多く、そういう人たちはなるべくKさんの近くで説明を聞いてくださいということで、歩き出す。
報道では遅れていた桜も、このところの急な暖かさで咲きはじめ、記録を取り始めて最も早くなったとか、ここでも桜の開花を目撃する。普通ならばイヌシデの雄花(地味な、白っぽい緑色の、小さな房状)が咲いてから桜が咲くそうだが…、同時に咲いているのである。暖かくなる前は冬の寒さで、今年は春と初夏が団子状になった状態だとのこと。

早春の木の花は、皆小さくて余程よく見ないと分からない。黄色い花簪のようなキブシは目立つが、オニシバリ(沈丁花の親戚、花もそれに似ている)、ヒサカキ(姫榊であり、榊よりも葉が小さい)、などは小さく葉の下に密集しているのて、指摘されなければ見落としてしまう。その中でもウグイスカグラの紅色の小さな花は可愛い。これも本当は2月に咲くのだそうだが、ここでは今も咲いていた。
後は道端の野草の新葉や小さな花に注意しながら歩く。
ヒメウズ(とても小さいオダマキ)、タチツボスミレ、ヤエムグラ、オオイヌノフグリ、オランダミミナグサ、キズタ、サネカズラ(ビナンカズラ)、スズメのカタビラ,ヨモギ、スイバなどいろいろ、いわゆる雑草といわれる類だが、これら野草は斜面に生えるものと平地に生えるのは違っていて、平地に生えるのは(ここは人間が耕した畑などの跡地)抜いてもいいが、斜面(昔の地形に残っている在来種が多い)に生えるのは生態系から見ると大切なものがあるので、残してほしいという。
たとえばこれから多く見られ、るヒメオドリコソウ(姫踊子草)は外来種だが、よく似た在来種のホトケノザを圧倒している。

鳥は、ヒヨドリの騒ぐ声、これはヒヨドリの中には渡りをする鳥がいて(と言っても東北や北海道くらい)それらが集まっているという。カシラダカ、モズ、それからもちろんウグイスは、まだちょっと下手だがその声を聞く。この辺りのウグイスは、20組くらいいて、少々過密らしいという。
またこれも珍しいという小さな野鳥のキクイタダキが見られたとのこと。(実は私はその鳥を確認できなかった。鳥の姿を見るのは苦手である)

田んぼには、タネツケバナ(ナズナの親戚で、白い小さな花が咲いているが、水面の一部が赤くなっているのはアカウキクサだそうで、これまで見られなかった。これが蔓延るようになって来て田んぼに悪い影響を与えているそうである。陽射しを遮ってしまい、田んぼの水面の温度を下げてしまうからだという。

今日は、この会でも初めてだという出来事に幸運にも遭遇した。、湿地帯の水たまりで蛙が産卵する現場を目撃出来たことである。この水たまりは、昨日の山の手入れの時に、蛙の産卵場として作っていたとのことで、それをちゃんと蛙は見つけてそこに来たのである。ガマガエルらしい。
また、すでに産卵の終わった、その卵(ビニール紐のように連なっている)も流れの淀みで、Kさんが見つけ、それをちょっと取り上げ、皆に触らせる。
出口辺りにモミジイチゴの小さな白い花。

今日は人数が多いので、時々バラバラになったりで歩き終わるのに少し時間がかかったが、12時半ごろ皆無事に歩き終え、来月の春の盛りの時期を楽しみに散会。

やっとウグイスの初音を聞く [北窓だより]

鶯の声を聞いたと近所の人は言っているのに、私はまだ聞けず残念に思ってましたが、やっと今日、朝の裏山で耳にしました。もうちゃんと完全にホウホケキョと鳴いたのでした。やはり、ちょっと心が躍り、立ち止まって耳を澄ませたのでした。そして声を聞かせてくれたウグイスに、アリガトウと言いたい気持ち。
その道筋でよく出会う人に話すと、彼女はもう3度ほど聞いたということ、ちょっとまだ下手で、ホ、ホケ、などいうのもいたけど…と。

今日はその後気持ちが悪いくらい暖かくなり、5月から6月の初夏の気温だとかで、内陸ではもう25度を超えているようです。しかし晴れて陽射しは強いのに、なんとなく辺りは靄がかかった感じで、遠くの山並みは見えません。これは黄砂がPM2,5を引き連れてきたのではなかろうかと思ったりする。それでもウグイスの声を聞いただけで嬉しくなるのは不思議だが、やはり寒い冬が終わりいよいよ春になったという、生き物の持つ本能的な喜びなのだろう。
また、これまで蕾はふくらみながらなかなか咲かった土手の河津桜が、やっと咲き始めたのも嬉しかった。そのピンクに染まった梢も暫らく立ち止って見上げた。

明日で大震災から二年になる。その後の不安で暗くなっていく日々が、なんだか遠い日々のような気がする。これは被災地でなく、普通の日々が何事もなかったかのように続いていけるからだろう。こんな状態が物事を風化させていくというのだろうか。そのことを改めて考えなければと思う。

ドキュメンタリー映画「シェーナウの想い」を観る。 [北窓だより]

これはドイツ南西部、黒い森の中にある小さな町シェーナウ市(自然豊かな、人口2500人くらいの静かな町)で、チェルノブイリ原発(2000K離れているが、ここにも放射能が降った)をきっかけにして、親たちが子どもの未来を守るためにと、「原発のない未来のための親の会」と立ち上げ(フランスの原発からは30キロ圏内という)、原発反対から始まり、最後には自分たちの電力会社を作るまでに至り、今ではそれを外部にも送電できるくらいになったという、「電力の革命児」と言われている町の、そこに至るまでの過程を描いた自主上映のドキュメンタリー映画であった。

ドイツが国としても即座に原発は作らないという方向に舵を切ったのに、事故当事者である日本では、行く末はその方向を目指しているもののという糖衣錠をかぶせた形で、国が発稼働にどうして踏み切ってしまっのたか?  と思っていたが、この映画を見るとなるほどと思わせられた。このような市民意識がすでに育っていたのである。


もちろん国土の規模や風土の違い、民主主義の成熟度などの違いもがあり、比較はできないという思いもあったが、これを見ているうちに決してそうではなく、状況は同じなのだと思えてきて、日本でも不可能ではないと思え、それはこれを日本で公開した人たちの考えでもあったようです。

市民たちが太陽光、風力、水力など自然エネルギー発電をして、それだけで成り立っている市民の電力会社…。しかしそこの住民が特別であったわけではなく、専門家もいるわけではなく素人ばかりの平凡な市民たち、ただ会を立ち上げたことで、そこに外部から専門家や学者が集まってきて知恵が集積したということなのであった。
また電力会社という、金儲けを主として考える、独占の企業の体質は、どの国であっても同じ構造を持っている。環境にやさしくなどと考えるより、どうすれば収益が上がるかが優先し、システム自体がそうなっているのである。たとえば、節電したほうが安くなるより、たくさん使ったほうが安くなるというシステム、またドイツにも「原子力ムラ」の構造があり、それに市民が抵抗する難しさも同様にあるとのこと。それらを一つ一つ克服しながらここに至るまでが、1時間のドクメンタリーで描かれたものでした。

また町自体も、全員がこの運動に賛成したわけではなく、ほとんど5分5分、それを集会や戸別訪問で、この方向にまとめていったという経緯があります。もちろん投票や決定となるとそこには感情も無視できません。小さな町で誰もが知り合い、最終決定した後も互いに共に暮らさねばならない人間関係、シコリが残らないかと思われますが、そうはならなかったことにも納得できるものがありました。

折しもその夜はTVでマイケル・サンデル白熱教室があり、議題は「これからの復興の話をしよう」でした。これまでの架空の論題ではなく、現実の話、東北在住の1000人との議論で、(これは初めての試みとのこと)、当然のことですが、サンデル氏は、結論じみたものを自分から決して出そうとはせず、議論の中から自然に出てくるのを待つのですが、この時の議論にシェーナウの町の例に通じるものを感じたのでした。

そこに出た論点の多くについて5分5分でした。そして最後のほうで復興事業が遅れていることに対して、事業のスピードを上げるためには住民の合意がえられるのを待たないでもいいという意見と、そうしてはいけないという意見、この微妙な問題が出たときに、ある意見に氏は頷きながら、合意と納得とは違うということですね、と言ったのです。

合意は、意見が一致すること。しかし納得はそうではなく、意見は違うが、状況や相手の意見などを考えた結果、そうせざるを得ない、そうするのも仕方ないなあと頷くことだからです。そしてその納得は、お互いの良く話し合い、考えた末に出るもので、そのためにも十分な議論、話し合いが必要だと氏は結んだのです。

シェーナウもたぶん原発反対と母親たちが立ち上がってから、十分に話し合い、活動し、知恵を絞る間に最初はほぼ5分5分であった反対派を納得させ、町全体としてその方向へ進んだのでしょう。最初は互いに意見は違っていたが、こうなってみればよかったと納得したのだと思います。サンデル氏も言ったように、それが同じところに暮し共存するもののやり方だと私も納得したのでした。
そしてこの東北在住の1000人の議論の現場を見ながら、これは氏が意図したものでしょうが、最初の意見で、「東北人は、他人の悪口を言って自分も相手も気分が悪くなるより、自分が我慢すればいいと考えるようなところがあるので、このような議論の場は成立しないでしょう」という意見を取り上げ、最後はそうでは決してなかったことが証明されたような形になったのも、互いに意見を率直に出し合い話し合っていくことの大切さ、それが民主主義なのだと、これも納得させられる事柄でした。

会場では『原発をやめる100の理由』(築地書館)という本も売られていました。ここには「ドイツから」としてドイツの現状と、「日本では…」として日本の現状の比較がなされています。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。